目的別にプロテインを飲むタイミングを変えると、効果的に筋肉が付く

女性が筋トレをする時には、プロテインを摂取することをおすすめします。
プロテインは「タンパク質」の英語名で、純粋なたんぱく質そのものを粉状にしたものです。

 

牛肉や豚肉を食べてもタンパク質は摂取できますが、脂肪も摂取してしまうためカロリー過多になる心配があります。

 

しかしプロテインならその心配はいりません。
プロテインは飲むタイミングも重要です。

 

目的別に飲むタイミングを変えてみると、効果的に筋肉が付くようになります。
まずトレーニング前やトレーニング中にプロテインを摂取する方法があります。

 

これからかなり厳しいトレーニングをする時、自分の最大限の筋力を発揮する必要があるトレーニングをする時に有効な方法です。
先にプロテインを摂取することで、筋肉が破壊される瞬間に作用して、ダメージの回復を始めてくれるためです。
そのためにはプロテインよりも細胞の細かい「アミノ酸」を摂取する必要があります。

 

アミノ酸は飲んだ直後に吸収が始まりますので、激しいトレーニングの前に摂取するのに最適です。
またトレーニング直後の30分以内にプロテインを飲むと、ダメージの回復がスムーズになると言われています。
「ゴールデンタイム」と呼ばれるほどですので、この時間帯にプロテインを摂取すると良いでしょう。

 

特に動物性タンパク質で作られた「ホエイプロテイン」は、筋肉の肥大に効果があると言われていますの。

 

ゴールデンタイムに摂取するプロテインとして適しているでしょう。
また睡眠の前にプロテインを飲むのもおすすめの方法です。

 

睡眠前にプロテインを飲むと成長ホルモンの分泌が活発になると言われているからです。

 

この場合は大豆でできた「ソイプロテイン」を飲むことをおすすめします。

 

ソイプロテインは体内への吸収が比較的ゆっくりなので、就寝前に摂取して寝ている間に吸収させる目的にぴったりだからです。
またプロテインの中でもカロリーが少ないため、体重を増やさずに筋肉だけを増やす時に役に立つでしょう。

 

このようにプロテインを目的別に使い分け、時間帯によって使い分けると、より効率的に筋肉をつけることが可能になるはずです。