勃起不全に陥らないためにやっておくべき3つの習慣

若いころから安定して異性と性交渉できている男性なら問題ありませんが、長らく独身&彼女いない歴の続いた男性は往々にして本番で勃起不全や中折れになりがちです。私自身がまさにそうでした。以下、いかに勃起不全、中折れを克服したかを経験談として紹介します。

 

まず、異性との性交渉が長らくない男性は、自慰行為に慣れ親しんだ結果、以下の要因で勃起不全や中折れになりがちです。

 

・リアルの女性では刺激が足りない
・いつも手だけ動かしてゴールしているためセックス体力が恐ろしく低い
・体力がいらないため食生活が適当

 

そこで、意識して以下の行動を実生活に取り組みました。

 

AVは極力見ない。どうしても見たいなら水着画像や芸能人の健全な画像程度に抑える

 

AVというのはしょせんは架空の世界です。商売ですから男性の欲望を極限にまで高めるようあの手この手で創意工夫をしてきます。でもリアルの女性は素人さんですからAVみたいなことはできません。「この程度じゃ興奮しない」状態になってしまった男性が悪いのです。

 

自分の場合は1年ほど一切のAV鑑賞を絶つことで欲望を通常レベルまで引き戻すことが出来ました。

 

自慰行為はなるべく控える

 

そして自慰行為自体を控えることも重要です。というのも座ったまま手で楽に射精することに体が慣れてしまうためです。特に「一日に2回以上やっている」という人は既に勃起不全状態になっている可能性が高いと思います。

 

数日間から一週間我慢して「もう限界だ、爆発しそうだ」という状態になったら、腕立て伏せの姿勢で片手で自慰行為してみてください。たぶんほとんどの独身男性は最後までいけないと思います。でもリアルのセックスってそういうものですから。

 

なので、腕立て伏せの姿勢でも射精できるようになるまで我慢してください。そして、自慰する場合はそうしたアクロバティックな姿勢でする練習を心掛けてください。私はやはり1年ほどそれを続けて無事に勃起力を回復することが出来ました。

 

野菜と海産物を食べる

 

くわえて、正しい性生活を送るための食生活も重要です。私はいろいろと試行錯誤した結果、野菜にくわえて海産物の摂取が非常に効果が高いことを突き止めました。

 

特に効果的だったのは牡蠣とホヤです。牡蠣は以前から勃起力、血流改善に効果のある亜鉛が豊富に含まれることは知っていましたが、東北出身の知人のすすめでホヤを食べたところ牡蠣以上の効果を実感出来て驚いた記憶があります。

 

旬の時期が限られる食材ではありますが、上記二品も含め、海産物を毎食取り入れることで、自分の勃起不全はほぼ完全に解消いたしました。

 

まとめると、無料で世界中の女性のあられもない、そしてリアルではありえない裸体を見ながら座ったまま興奮し、食事はお手軽高カロリーな加工食ばかりを食べ続けるという状況自体が異常であり、そこから身を引き離すことこそ勃起不全改善の王道だということです。