和食は健康的なダイエットにはぴったりの食事

和食の栄養価の高さが、日本のみならず、海外からも注目を集めています。

 

一汁三菜を基本とする和定食は、必要な栄養素を補給しながらも、低カロリーで作ることができ、健康的なダイエットにはぴったりの食事です。毎日、栄養バランスの取れた食事を継続して摂取するには、和の惣菜を作り置きをしておくと便利です。

 

 

ダイエット中に不足しがちなミネラルや食物繊維が豊富な海藻を使った惣菜が多いのは、和食ならではの魅力です。ひじきの煮物や茎ワカメの炒め煮などを作り置きしておくと、しっかり栄養素を摂取できます。食事量が減ってしまうと、便秘になりやすいという人には、食物繊維が豊富なごぼうで使った惣菜がおすすめです。

 

 

ごぼうのきんぴら、ごぼうサラダなどを常備しておきましょう。また、食事に汁物をプラスすることで、満腹感を得やすくなるので、汁物も用意するのが理想です。味噌汁やすまし汁のほか、発酵食品の酒粕を使った粕汁もダイエット時に適した汁物です。酒粕に含まれるレジスタントプロテインには、コレステロールをはじめとする食品に含まれる脂質を捕えて、体外に排出する働きがあり、ダイエットの強い味方となってくれます。また、体をあたためる働きがあることから、代謝を促進し、痩せやすい体質へと導いてくれる効果もあります。

 

 

汁物を作る時には、しっかり栄養素が補えるように、ごぼうや蓮根といった根菜類や、低カロリーのこんにゃくなどを上手に組み合わせて、具沢山で作るようにすると、より健康的に痩せることができます。ダイエット中には、主食の選び方も大事なポイントとなります。白米ではなく、食物繊維やビタミンの豊富な玄米や雑穀米を取り入れると良いでしょう。玄米や雑穀は、白米と比べて噛みごたえがあるので、しっかり咀嚼して食べる習慣がつき、食べ過ぎを防ぐこともできます。主食のカロリーダウンをしたい時には、白米にこんにゃく米を混ぜて炊くのもおすすめです。

 

 

栄養バランスを考えながら和定食を食べることで、健康的に効率よくダイエットができます。